クルスカの基礎知識

クールスカルプティング(アラガン)とは?

正式名称:ボディ・コントゥアリング治療

気になる部位の脂肪を減らして、ボディラインをデザインする医療痩身です。
低温に弱い脂肪細胞だけを凍らせて、自然に体外に排出することで、狙いを定めた部分痩せを実現しました。
痩身はもちろん、加齢によって変化したボディラインも整えます。

2008年:選択的冷却脂肪融解術(Selective Cryolipolysis)と称し初めて発表されました。
2010年:脂肪の減少の効果が認められ、FDA*の承認を取得しました。
2017年12月:脂肪を減少させる装置として、国内初、厚生労働省の承認を取得しました。
クールスカルプティングにより、運動やダイエットでは落とせない脂肪を非侵襲的に安全で確実に減少させることが可能になりました。
*FDA(Food and Drug Administration):アメリカ食品医薬品局、日本の厚生労働省にあたる政府機関

クールスカルプティングは体重を減らすのではなく、ボディラインをデザインするための治療です。

  • 減量では脂肪細胞のサイズが小さくなりますが、減量では脂肪細胞は除去されません。
  • 体内の脂肪細胞の個数は、10代の頃に定着し、その後は変わらないといわれています。
  • 体重が変化しても脂肪細胞のサイズが変化するだけで、脂肪細胞の個数は変わりません。

 

減量後の脂肪細胞

運動や食事制限で減量すると、脂肪細胞のサイズは小さくなりますが、その個数は変わりません。
体重が増加すると、脂肪細胞のサイズが大きくなります。

クールスカルプティング治療後の脂肪細胞

クルスカ治療後は、治療部位の脂肪細胞自体の個数を減少させます。
治療部位の脂肪細胞は、自然に代謝・排出されます。
そして他の治療とは違い、この治療では治療していない部位の脂肪細胞に変化を起こしません。

クールスカルプティングは個数の減らない脂肪細胞を死滅させ体外へ排出させることにより、ボディラインのサイズダウンを促し、脂肪細胞が減ったことによりリバウンドしにくい体質へ変化を促します。
クールスカルプティングは脂肪減少作用について厚労省が唯一認証した医療機器で、効果面および安全面について科学的根拠のある治療です。

 

クルスカNews!

新型アプリケーター ペティート登場!!

みなさんクールスカルプティングに新型アプリケータが登場したのはご存知でしょうか? 新型アプリケータ ペティート […]

コメントなし

レディース有吉 ジェルティック

「クールスカルプティング」はよくTVなどでも紹介されておりますが、先日、「レディース有吉」というTV番組でも韓 […]

コメントなし

 

世界的に高まるクールスカルプティング(ゼルティック)の需要

アメリカでは、脂肪吸引やその他の非侵襲的な痩身治療などを抜いて、クール・スカルプティングが最も多く行われています。
アメリカだけでなく、ヨーロッパや韓国・台湾・タイなどのアジア各国など、世界80ヶ国以上の国で行われており、累計治療数は400万サイクル以上を 超えています。
日本(主に東京)での症例数も年々増加しており、切らないボディ治療を牽引しています。

 

クールスカルプティングで治療可能な部位

クールスカルプティングは痩せたい部位の脂肪に直接アプローチすることができます。

適応部位:アゴ下・ブラファット・脇・二の腕・背中・わき腹・腰・腹部・外もも・バナナロール・内もも・ひざ上
下記のような部位の部分痩せが可能です。

クールスカルプティング治療の人気部位

クールスカルプティング(クルスカ)の効果で気になっている部位をリサーチしてみた結果、皆さんが気になっている部位は・・・

1位 二の腕(別名:振袖)

2位 太もも(内腿)

3位 アゴ下(顔)

 

クールスカルプティングで最適な治療プランを作成

脂肪の量やつき方は、一人ひとり異なっています。

理想のボディラインをデザインを作るために、痩せたい部位を中心に、身体全体でのトータルな治療プランを立てるこが「クールスカルプティング治療」では可能です。
気になる部位と隣り合う部位も含め、複合的に施術を組み合わせたり、施術エリアや施術回数を増やしたりすることで、より自然に脂肪を減らし、整ったボディラインを目指すことができます。

 

脂肪を減らすクールスカルプティングのメカニズム

クールスカルプティング治療とは、Cryolipolysis®(クライオリポリシス)理論に基づく痩身医療です。

気になる部位にアプリケータを装着して冷却し、脂肪細胞だけにダメージを与えて部分痩せを実現します。
脂肪細胞がほかの組織よりも低温に弱いという性質を利用しているので、他の組織にはダメージを与えず、脂肪だけに働きかけることが可能です。

また治療によって脂肪細胞の数が減少するため長期的にみてもリバウンドしにくいと言われています。
クールスカルプティングにより運動やダイエットでは落とせない脂肪を非侵襲的に安全で確実に減少させること可能になりました。

わき腹などのサイズダウンしにくい部位にはクールスカルプティング
つまめる程度の脂肪があれば治療が可能です
気になっている部位に専用のアプリケーターを装着
アプリケーター内で吸引が始まります
アプリケーター内で冷却が始まります。
始めのうちは違和感やチクチクと痛みを感じる場合もあります。
20〜30%の脂肪細胞が冷却により破壊されていきます。
凍った脂肪細胞は機能しなくなり、数週間から数カ月かけて、自然に体外に排出されます。

 

「クール=冷却」して「スカルプティング=彫刻」する

クールスカルプティング(クルスカ)はアプリケーター(機器)を装着した部位に対して多くの場合は1回で効果を得ることができます

1箇所の脂肪細胞を減らしただけで理想のボディラインを近く場合もありますが、アプリケーターのサイズによって吸引できる範囲は限られています。
そのため、全体的に整ったボディラインに仕上げるには複数箇所施術を行う必要があります。
イメージとしては同じ箇所に同じ治療を繰り返し行うというより一回の治療毎に気になる箇所を削り(脂肪細胞の除去)仕上げていく、まさに彫刻していくというイメージです。

施術前の腹部に存在する複数の脂肪のバルジ(膨らみ)を一個一個削り取るようにデザイン・モデリングし施術を行います。
全体がフラットな高さ(厚み)になるように、ボリュームを抑えシャープなボディラインへ作り上げていきます。
平均すると、腹部に対し4~6箇所位の治療箇所を要します。

 

クールスカルプティングの気になる費用!安い?

理想的なボディラインを作ってくれるクールスカルプティングですが、やっぱり気なるのは費用ですよね

クルスカは施術する部位によって、使用するアプリケーター(吸引部)が違います。
例えば、二の腕と太ももでもアプリケーターの種類は違います。
アプリケーターが違えば費用も違ってくるので一概には言えませんが・・・
42,000円〜200,000円です。(当局調べ)
クリニックによってはモニター、トライアル、キャンペーンなどの安い費用でクルスカを受けられるところもあるようです。
施術費用の相場のページでは東京でクルスカが受けられるクリニックのMin〜Maxまでの費用も掲載しました。

費用も大事ですが、親身になってくれるクリニックを選ぶことも重要だと思います。
ある程度のスキームが出来上がっているクリニックを選んでしまうと、施術以外のアドバイスはなかったりするらしいので・・・。
電話での問い合わせや、メールでの問い合わせの際に色々と質問をしてみて、反応を見てみるのも判断基準の1つかもしれませんね。

 

クールスカルプティングの効果とメリットは?

自然に痩せたい人はクルスカの治療がおすすめ!

脂肪吸引では脂肪を一気に抜き、すぐに痩せてしまうため「なにか手術でもした?」と思われてしまいますが、クルスカによる脂肪冷却の場合は自然にゆっくり痩せられます。

難しかった部分痩せができる!

ダイエットや、減量では「脚だけ」「お腹だけ」といった部分痩せはなかなか難しく、成功しにくいのですが、クルスカによる脂肪冷却ならピンポイントで施術できるので、部分痩せが可能です。

クルスカによる脂肪冷却はリバウンドしにくい!

クルスカでは「脂肪細胞そのものを冷却して壊死(脂肪細胞の減少)させる」痩身方法なので、リバウンドしにくいことが特長です。
ただ、暴飲暴食をすれば当然リバウンドしてしまうのでご注意ください。

頻繁に通わなくてもOK!

脂肪冷却は1回で効果が出るわけではありませんが、施術回数は数回でOKです。
すぐに効果が出るわけではなく期間を空けて施術を受けるため、頻繁に通う必要はありません。

クールスカルプティングの効果とメリットをまとめると・・・

クールスカルプティングは自然なスピードで部分痩せができ、リバウンドしにくい医療痩身方法です。
すぐに体型が変わるわけではありませんが、2〜3回施術すれば何度も通わなくて済むため、エステサロンなどより安く済むこともあるようです。

クールスカルプティングの副作用とデメリットは?

「痩せた」と効果を感じられるまでに時間がかかる

脂肪冷却のデメリットは、目に見えて脂肪の減りを感じるまでに時間がかかることです。
冷やされた脂肪細胞は破壊され、体に吸収されなかった栄養と一緒に老廃物となり、体の外に排出されます。
水をよく飲むようにしたり、施術の翌日からよく身体をあたためるようにすれば、代謝がよくなり痩身効果を上げられますが、それにも限界があります。

「顔周りはできない!?部位が限られている

アプリケーターによっては施術できる箇所が限られています。
クルスカの吸引アプリケーターの場合、サイズによっては顔・二の腕の施術ができない可能性があります。
対応しているアプリケーターはあるか、予約の際にあらかじめ施術したい箇所を相談しておきましょう。