ビーナス化計画 腹部

なかなか減らないお腹周りの脂肪を気にされている方も多いのではないでしょうか?
腹筋は辛いし、続かないなんてことも・・
年齢と共に代謝は落ちていく一方だし、若いころにはお肉がつかなかったところについたり💀
今回はそんなお腹へのアプローチ方法と治療の組み合わせについてご紹介したいと思います🙌

アセスメント

お腹の場合、くびれが欲しい方、ぽっこりでた下腹部が気になる方等・・減らしたい部分は人それぞれですよね😔

くびれが欲しい場合、脇腹はマストですが図のように脇腹から背中・腰にかけて繋げ装着すると更にGoodです🙌

下腹部のぽっこり感が気になる場合はアドバンテージで中央をオーバーラップが最もスタンダードですが更に脇腹にも装着すれば浮き輪部分をぐるっとカバーできるのですっきり感が全然違います!

オーバーラップとは
バルジ(脂肪のふくらみ)に対して重ねて脂肪冷却を行うことを指します。

へそ下の中央が凹んでいない場合はアドバンテージプラスで下腹部を一気に攻めるのも効率的です🙆
こちらも脇腹と繋げると良いです👌

上記でもわかるようにクールスカルプティングで結果を出すには、全身にちょこちょこ行うよりもまずは一極集中でその部位だけを徹底的に重ねて行うのがポイントです

日本ではオフィシャルではありませんが、海外のDrの間では同日に同一部位を2回重ねるスタック照射を行うと、より減るという見解もあります☺💫
クリニックによっては気になる部位は1か月空かない位で重ねて照射している例もあるようです💨
同じ箇所に間を開けずに重ねるのは、より効果が期待できるのと間隔をあけて行うよりも早く効果がでるというメリットもあります!!

スタック照射の場合、効果が大きい分、できあがるボディラインの想定が重要になってきます👀
完成形を想像しながらアセスメントするのはクルスカの基本ですが、できあがるボディラインを想定しながら、残すこところは残し、減らしたいところは集中的に行う✨
そうしなければ、メリハリのある「理想的なボディライン」はできません💨💦

どの脂肪を、どう掴んで、どこに何回行うか💣
そのこだわりが、クリニックの腕の見せ所かもしれませんね👀🙌

 

現在、クルスカのアプリケーターは全部で10種類

大きく脂肪を取ってくれるものから細かくボディラインをデザインしてくれるものまで脂肪量や元々の骨格によって使い分けることができます🐖
アプリケーターの充実により、しっかり脂肪がついている方から痩せているけどダイエットではどうしても減らない箇所がある方など、クルスカを受けられる方の幅が広がりました😊

①クールマックス→初代アプリケーター (60分タイプ)
②クールコア→マックスより小さいサイズ (60分タイプ)
③クールフィット→マックスより小さいサイズ (60分タイプ)
④クールカーブ→マックスより小さいサイズ (60分タイプ)
⑤クースムース→吸引できない部分用のフラットタイプ (120分タイプ)
⑥クールミニ→小さな脂肪に (45分)
⑦クールアドバンテージ→②のカップ型で時間が短縮されたもの (35分タイプ)
⑧クールスムースプロ→④と同じフラットタイプの時間短縮版 (75分タイプ)
⑨クールアドバンテージ・ぺティート→⑤より小さく④より大きい (35分タイプ)
⑩クールアドバンテージ・プラス

脂肪の量、つまめる方向によって使用するアプリケーターが異なるので、自分に合った装着方法をクリニックに相談してみてください🏥

 

クルスカで皮下脂肪を減らしつつ、筋トレやFMS(機能的磁気刺激)で引き締めるのもお勧めです👍
最近ではテスラフォーマーやエムスカルプトといった、磁気刺激が皮下7~8cm下の筋肉層まで到達するものも登場しています!

EMSよりも深部まで電磁波が到達するので、短時間のセッションで、通常の運動では達成できない最大限の筋収縮を20000~50000回行い、筋肉の強化&引き締めをすることができます

治療できる部位が限られている点と週に2、3回通う必要がある為、FMSだけで理想のボディラインをつくるのは難しいかもしれませんが、クルスカの補助的な目的で受けるのであればアリだと思います🙌

次回は薄着になってきて最も気になる部位!二の腕へのアプローチ方法をご紹介します!!